ソファサイズの決め方
2016.12.16

subimg01部屋の中で大きな存在感を放つことが多いソファという家具は、失敗のないように慎重に選びたいところです。部屋にマッチしたサイズであるという条件をクリアしたうえで、好ましいカラーとデザインをしっかりと選べていれば、部屋の中でうまくアクセントになり、インテリアとしてもさまになること、間違いなしです。インテリアショップに足を運んで購入を検討する時には、どうしてもその場にあるなかでもっとも気にいったデザインやカラーのものに目が行きがちになり、第一印象の良さで選んでしまいがちです。その結果、実際に家に運び入れてみたら、部屋の大きさに釣り合わなかったということも起こってきます。ショップや展示場は広いので、どうしてもソファそのものが小さく感じてしまいますが、家に運び入れてみると想像以上に大きかったということがしばしばです。こうなると存在感を通り越して、圧迫感を醸し出してしまうことになりますので、注意が必要です。

ショップや展示場へ足を運んで実際にソファを選ぶことの最大のメリットは、座り心地を確認できることです。また、写真やカタログで見た場合、実際の色と受ける印象が異なることがありますが、そのずれも回避することができます。色に納得し、座り心地にも満足できたとなれば、いっそうしっかりと確認しておかなくてはならないのがソファサイズです。ソファを探す際には、最初にサイズから当たっていき、候補対象を絞り込んでから座り心地や色合い、デザインなどを見ていくのが合理的です。いくら座り心地が良くても、部屋に見合っていないサイズでは置くことができないからです。まずはサイズをしっかり測ること、これに尽きると言ってもいいほどです。

サイズ別にソファを見ていけば、広い展示場で探す時などは逆に、候補対象が絞り込めて選びやすくなります。すべてのソファを見ていったらきりがありませんが、部屋に置けるものはどれかと対象を絞り込めば、その中でじっくりと考えてもっとも気にいったものを選べるようになります。部屋の中にあっても圧迫感や威圧感がなく、好ましいインテリアとして適度な存在感を発揮してくれるものであり、なおかつリラックスして座れるものであれば、家族の誰もがくつろげる場所になるでしょう。さまざまな要素から選びたい気持ちはやまやまですが、部屋にしっくりくることを一番の条件にするなら、ソファサイズから選ぶという決め方がもっとも合理的で失敗のない方法だといえます。

▲ ページトップへ